レイキとは



 

こんなに温かくてこんなに優しいものがこの世にはあるんだなぁ・・・

レイキのエネルギーを初めて感じた時

私の目から自然と涙がこぼれていました

 

レイキのエネルギーが身体に染み渡り、心があったかくまーるくなって、
これまでの悲しみや苦しみ、心に抱えた傷も、もう我慢しなくていいこと、そして全部癒されていくことがなぜだか分かったのです

こんなに心地良いエネルギーをこれから私も使うことができるんだなぁ・・・
本当にありがたいなぁ・・・

これが、私がレイキのアチューンメント(伝授)で感じたレイキのエネルギーでした。


私がレイキに出会うきかっけになったのは、もう4年も前のことです。
幼い頃からありのままの自分で生きることが難しかった私は、突然「適応障害」という心の病になりました。

クリニックに通い、様々な周囲のサポートによって少しずつ見えてきたのは、
私はずっと本当の自分に自信が持てず、誰かに認められることに生きる価値を見出していたので、本当の自分を見失っていたということでした。



自分の本当の気持ちさえ満足に表現することができなくなっていたので、

そんな毎日の繰り返しに身体の方が悲鳴を上げてしまったのですね。


これからはありのままの自分で生きていきたい!そう思って色々な方法を試してみましたが、どうも上手くいきません。

それは数十年にも渡って本当の自分を偽るクセがついていたので、自分で軌道修正できるレベルではなくなっていたからです。

本当の自分を取り戻して心身ともに健康的になっていく、 そんなものが何かないだろうか・・・

そう思っていた時に出会ったのが「レイキ」でした。



レイキに出会って私の人生は変わりました。


レイキの基本はハンドヒーリング(手当て療法)なのですが、手の平を自分の身体に当てていると、
自然とこれまでに起こった出来事が思い浮かび、本当の自分の気持ちも見えてきて、
それをありのままに認めてあげることで心の傷が癒され、こうでなくてはいけないという思い込みがゆっくりと解きほぐされていったからです。


そんな毎日を1年続けた頃、私は登山を始めるほど体力が回復、常に明るい笑顔が絶えなくなりました。
本来の自分を取り戻し、職場復帰も果たすことができるまでになったのです。

そしてその頃には自分を取り巻く全てのものが、より良い方向に変化していました。


なぜレイキによってこんなことが起こったのでしょうか?


レイキは最高次元の宇宙エネルギーと言われています。
宇宙エネルギーと言われるとイメージしにくいかもしれませんが、この地球も元を正せば宇宙の一部ですよね。
この世界に存在するもの全ては私たち人間も含め、このエネルギーと繋がっています。


でもなぜ、レイキは最高次元のエネルギーと言われるのでしょうか?
それはレイキが全てを調和に導く、愛と癒しのエネルギーだからです。



エネルギー(波動)には様々な次元(レベル)があります。

怒り・不安・憎しみ・恨みなどは低次のエネルギーで、このようなエネルギーを抱えたまま生きていくと、
本来の自分を見失ってしまいます。(これがかつての私ですね)


ですがレイキは、愛・感謝・慈しみなど、人の意識の高いところと響きあう高次元のエネルギーなので、
肉体だけではなく、魂にまで影響を与え、深い癒しを起こしていくのです。

そのためレイキによって自己ヒーリングを続けた私は、愛・感謝のエネルギーと自然に響き合うようになり、
数十年来の心のクセを解消し、心身ともに調和の取れた状態に引き上げられていったのです。


こんなに素晴らしいレイキですが、元は日本で発祥した癒しの技法で、大正時代に臼井甕男(うすいみかお)氏(1865年~1926年)によって「臼井霊気療法」として創始されたのが始まりとなります。



私が体験したように、肉体のみならず、精神向上にも活用でき、安らかで豊かな人生を目指し、 本来私たちが持っている潜在能力や自己治癒力を引き出していくものなので、宗教とは関係ありません。



レイキは第2次大戦の混乱の中で日本では一度廃れてしまいますが、ハワイから病の治療のために日本を訪れていた高田ハワヨさんが、レイキに出会ったことがきっかけで、レイキはハワイに渡りました。


 長年のレイキ実践が認められ、レイキ・ティーチャーとなったハワヨさんは、ハワイで22人のレイキマスターを育成。
このマスターたちが中心となって、1980年以降、レイキはアメリカから世界各地に普及することになったのです。


レイキは海外では、「ウスイレイキ」の名で知られ、世界100カ国以上で実践され、実践者は数百万人とも言われています。

欧米では病院や福祉、医療関係で、東洋的治療法(代替医療・西洋医学の補完医療)としてレイキの活用が認められ、 イギリスやドイツでは健康保険が適用されており、アメリカの大学ではレイキを講義に取り入れている所もあるのです。


日本では1980年以降、このように広まった海外式レイキを逆輸入するという形で、急速に認知度が高まっています。


日本では代替医療として認められてはいませんが、私のようにレイキを心身の健康のため、自己成長のために取り入れ、より良い人生に活かしていこうとする実践者が増え続けている状態です。


レイキに出会って初めて、私は自分が内側から満たされているという感覚や心安らかに生きていくことの喜びを知りました。


全てを調和に導く愛と癒しのエネルギーであるレイキを
ぜひ皆様の豊かな人生にご活用頂ければと心から願っています。